ニキビケアに好評のハトムギ化粧水!背中ニキビにも使えるの?

背中ニキビにお悩みの方は、多いと思います。背中は自分でなかなか見えないポイントだからこそ、気付けば赤いポツポツだらけに、なんていうことになりかねない部分。

 

しかも、背中ニキビはいったんできてしまうと非常にケアしにくいのです。何故なら、背中は皮脂が分泌される穴が多く存在しており、ニキビの原因になるアクネ菌が増殖しやすい環境になりやすい場所だからです。

 

また、背中ニキビにとってよくないのは、摩擦や刺激なのですが、背中を大きく開けた服を着て毎日生活し続けるのは難しいですよね。

 

顔のニキビなら、触らないようにする、クリームを厚めに塗っておくなどの対策ができますが、背中はニキビができても服で覆うしかなく、その刺激がニキビの治癒を妨げます。

 

しかし、基本的に背中ニキビも顔にできるニキビと同じ原因で発生しますから、対処方法も同じです。顔よりもケアしにくいのが難点なだけであり、清潔に保ち保湿するのが重要です。また、顔のニキビに有効なものは、もちろん背中ニキビにも効果的です。

 

顔のニキビケアとして好評のハトムギ化粧水。安いものが多いのにも関わらず、ニキビによく聞くこの化粧水ですが、背中ニキビにも使用してよいのでしょうか。効果はしっかりあるのでしょうか。答えはもちろん、使用してかまいません。

 

 

<ハトムギはなぜニキビに効果があるの?ハトムギの効果と副作用>
ハトムギという植物には、身体にとってたくさんの良い効果があることが知られています。保湿、美白、いぼ取り、むくみ解消、アトピーの改善にも役立つという報告もあり、古くから生薬として親しまれてきた植物です。

 

お茶や飴といった食べ物の商品も数多く販売されていますね。また、漢方では、ヨクイニンという名前で使用されています。

 

そんなハトムギのどういった成分がニキビに効果的なのかというと、高い保湿力です。ニキビは、皮脂の分泌が過剰に行われることで、アクネ菌が増殖し炎症が起こって発生します。

 

皮脂とは、普段は皮膚の表面を守ってくれる役割を担っていますが、乾燥がひどくなると過剰に分泌されてしまうのです。過剰な皮脂は、肌の表面を不潔にしてしまい、ニキビの原因となります。

 

皮脂の分泌を抑えるためには、保湿が不可欠ですが背中の皮膚は顔の皮膚に比べて5?7倍の厚さがあるといいます。

 

よって、きちんと保湿しないと乾燥しがちになってしまうのです。そこで、ハトムギの保湿力が役に立つのです。

 

また、ハトムギエキスが皮膚に浸透すると、血液の流れがよくなりターンオーバー(肌の再生機能)が活発になるという効果があります。

 

ハトムギは薬として使用されてきましたが、副作用は目立って報告されていません。そのため、安心して使うことができる優秀な生薬なのです。

 

 

<ハトムギ化粧水とニベアのコンボが最強!?>
ハトムギ化粧水は、ハトムギエキスがたっぷり配合されており、これが保湿や肌のターンオーバーを促すことに役立ちます。

 

また、主成分としてグリチルリチン酸というものが配合されており、これもニキビには非常に効果的です。

 

グリチルリチン酸には、殺菌作用があり、肌の表面のアクネ菌を殺菌してくれ、さらに肌の古い角質を溶かしてくれるのでピーリング作用もあるのです。

 

強いピーリングは、ニキビの悪化を招きますが、適度な洗浄も菌を減らし炎症を抑えるためには不可欠です。ハトムギ化粧水を塗ることで、やさしくピーリングもでき、また保湿もターンオーバーの促進もかなうのです。

 

背中ニキビにおすすめなのが、ハトムギ化粧水とニベアを合わせてつかう方法です。

 

ニベアの効果は、配合されている適度な油分が、蓋の役割を果たしてくれるというものです。ハトムギ化粧水の上からニベアを塗れば、ハトムギ化粧水に含まれる有効成分をしっかり肌に留めてくれるのです。

 

この二つのコンボが最強な理由は、ひとえにそのコストパフォーマンスの高さにあります。

 

両方ともドラッグストアなどで数百円で購入することができ、その容量もたっぷりあります。

 

高価なものを使わなくても、つるすべの背中がかなうアイテム、ハトムギ化粧水とニベア、まさに最強の組み合わせですね。